美容師を極める!


<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧



高品質、低価格で需要増 スペインの発泡ワイン「カヴァ」(産経新聞)

 スペイン・カタルーニャ地方で、伝統的な製法によってつくられるスパークリングワイン(発泡ワイン)「カヴァ」。地中海性気候ではぐくまれた良質のブドウを原料にした自然な味わいと華やかな泡立ちのワインで、手の届きやすい価格もあり、日本で年々消費が伸びている。先日、カヴァの普及を目指すカヴァ振興協会サン・サドゥルニの一行約50人が来日、京都市内のホテルで試飲会を開いた。集まったレストランやワインショップ、百貨店などワイン関係者を前に、「日本食と相性のいいカヴァをもっと知ってほしい」と魅力を訴えた。

 約140年前に製造が始まったカヴァは、フランスのシャンパンと同様に、瓶内で発酵させ天然の発泡を可能とする伝統的な製法を用いて生産されている。現在、年間約2億2000万本を生産し、このうち約1億4000万本は欧米などに輸出。日本では1980年代初頭から人気が広がり、昨年には、500万本を輸入、世界第5位の輸入国という。

 日本で人気が高いのは、「ブリュット」「ブリュット・ナトゥレ」と呼ばれる辛口のワイン。さらに最近では、ロゼの需要も高まっている。華やかな色合いと泡立ちから乾杯などに好まれるが、「カヴァは食べ物ともよくあう。特に日本料理と相性がいいですよ」とカヴァ振興協会のペドロ・ボネット・フェラー会長。「日本もスペインも、魚を食べるし、ソースをあまりつかわずナチュラルな料理が主流。だから、日本料理とカヴァはよくあうのかもしれません」と分析する。

 試飲会には約25種類のカヴァをそろえ、さらに「ごま豆腐」や「さよりと春野菜の卵とじ」など和食を用意。日本人だけでなく、カヴァ振興協会のメンバーも、カヴァと日本食との相性を堪能していた。

 不況が続き、消費者の財布ひももなかなか緩みにくいが、フェラー会長は「こんな時期だから、消費者は、買い物をするときに、お金を払うだけの価値があるかどうか真剣に見極める。カヴァは、品質と価格を考えると、非常にコストパフォーマンスがいい。今こそカヴァにとってチャンスです」と話していた。(岸本佳子)

【関連記事】
小沢氏「ワインをごちそうになっただけ」 ルース米大使との会談認める
日本一の大阪ブドウ復活を 駒ケ谷地区再生へ熱い思い
【韓流エンタメ】女優 ハン・ヒョジュ 「第2のチャングム」自然体で魅了
「こりゃ飲めない!」酷評から驚きの大豆飲料商品化
奈良の大仏にワイン奉納 仏ブルゴーニュの名門6家
中国が優等生路線に?

元家裁書記官に懲役15年求刑=判決文偽造、預金詐取−さいたま地裁
東国原知事「殺処分の49頭まだ生かしている」(読売新聞)
<傷害容疑>女装して銭湯、見つかり暴力 防衛省の技官逮捕(毎日新聞)
<尾瀬>山開き 遅い雪解け、残雪の合間からミズバショウ(毎日新聞)
「あと2、3カ月いてもいい」長期滞在の野口さん、宇宙で会見(産経新聞)
[PR]
by 0gkqflmcft | 2010-05-26 14:10


山岡氏が請求放棄 週刊新潮名誉棄損訴訟が終結(産経新聞)

 「秘書給与の肩代わりを要求した」と報じた週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、民主党の山岡賢次国対委員長が発行元の新潮社などに計1千万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に提訴した訴訟で、山岡氏側が訴訟を打ち切る「請求放棄」を申し立て、訴訟が終結していたことが12日、分かった。申し立ては10日付。

 請求放棄は、原告自らが請求に理由がないことを意思表示する手続きで、民事訴訟法で規定されている。訴訟上の調書に記載された場合は、原告側の敗訴確定と同じ効力を持ち、再び同じ訴訟を起こすことはできない。

 問題となっていたのは、昨年発売された週刊新潮3月12日号の記事で、山岡氏が平成12年ごろ、地元の栃木県真岡市長選で初当選を目指していた福田武隼(たけとし)前市長に、福田氏の選挙応援をした山岡氏の秘書給与の肩代わりを求めた、などとする内容を掲載していた。

 これに対し、山岡氏側は「記事の内容はすべて事実無根で、名誉と社会的信用を著しく傷つけられた。(福田前市長への)対立候補を立てる方針の民主党に対する悪質な選挙妨害だ」と主張していた。

【関連記事】
新潮社に賠償命令 小林死刑囚の記事めぐり
「映画観てる場合か」ヒゲの隊長、路チュー大臣に喝!
「調査しろ」 鳩山民主、政治とカネの次は女性スキャンダル
「週刊新潮」の記事問題で楽天の三木谷社長らと新潮社が和解
有栖川宮かたる詐欺事件 新潮社に慰謝料支払いを命じる 京都地裁判決

「10年度をボトムに確実に上げていく」―アステラス(医療介護CBニュース)
パロマ湯沸かし器事故 19万5000台未確認のまま 消費者庁「教訓生かす」(産経新聞)
【フラッシュナビ】春版大掃除の実践者、2年前から43・9%増(産経新聞)
普天間問題 社民反発 5月政局本格化(産経新聞)
郵便不正、凛の会元会員に有罪…大阪地裁(読売新聞)
[PR]
by 0gkqflmcft | 2010-05-15 19:33

    

美容師のカリスマを目指して
by 0gkqflmcft
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧