美容師を極める!


<自己破産>北海道のタツル総業 故中川氏親子の後援会幹部(毎日新聞)

 北海道帯広市の穀物取引会社「タツル総業」は10日、釧路地裁帯広支部に自己破産を申請した。帝国データバンク帯広支店によると、負債総額は約4億4600万円。鈴木樹(たつる)社長(73)は小豆などの穀物先物取引の相場師として全国に知られ、92、94年に全道一の高額納税者になったこともある。

 同社は76年に鈴木社長が設立。積極的な売買を繰り返し、94年3月期には年商約21億2500万円を計上した。しかし、近年は市場の国際化による相場変動に対応できず、09年3月期は約3000万円まで落ち込み債務超過に陥っていた。【田中裕之】

 鈴木社長は故中川一郎元農相、故昭一元財務・金融担当相の親子2代にわたって後援会幹部を務めた地元政財界の実力者。昨年11月に昭一氏の後援会が解散した後も、「次期衆院選は中川家の候補で戦うべきだ」と訴えていた。会社の破産を受け、鈴木氏は政治的な活動を自粛するほか、帯広商工会議所の議員会長などの役職も辞任する意向。毎日新聞の取材に対し「自ら招いてしまったことで、ざんきに堪えない」と語った。

【関連ニュース】
劇団:「ふるさときゃらばん」経営破綻 負債6億円
企業倒産件数:17%減 負債額も64%減る 2月
カレー店:「せんば自由軒」が自己破産申請へ
倒産:4年ぶりに前年下回る…09年
企業倒産:2月の件数17%減 負債額64%減る

<愛子さま>学習院初等科の終業式出席 雅子さま付き添って(毎日新聞)
【イタすぎるセレブ達】ジェニファー・ロペス 双子の育児に一生懸命。「仕事とプライベートのバランスは大事ね。」
大イチョウ、植え直し成功=再生へ向け一歩−鶴岡八幡宮(時事通信)
亀井氏、有事の核通過は「緊急にやればいい」(産経新聞)
<証券等監視委>IT関連会社に虚偽記載の疑いで課徴金勧告(毎日新聞)
[PR]
by 0gkqflmcft | 2010-03-16 20:27

<< 地域ケアの必要性を強調―宮島老...      消費税「各党協議を」(産経新聞) >>

美容師のカリスマを目指して
by 0gkqflmcft
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧